それぞれの「今年の漢字」

2019年、元号が“令和”になって初めて選ばれた今年の漢字は 「令」 

(日本漢字能力検定協会が、その年の世相を表す漢字一文字を一般募集、最も多かった字が選ばれます。)

ワークステーションでも利用者さん達やスタッフが自分の「今年の漢字」を考えました。

悩む人もいれば、即決で書いた人、いくつも候補の漢字が出てきた人・・・。

みんなそれぞれ、今の自分を見つめて漢字を選んでいますね。その理由も前向きなものが多く、発表する姿も頼もしかったです。

一年間の自分をフィードバックする時間にもなりました。

来年も「進」んで「決」めて、「初」めての事にも挑みながら「激」しく?過ごしていきたいと思います。

 


コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする