模擬作業を取り入れた活動をしています(事務編)

ワークステーション未来では、外部実習先や後々の就職先でも活かされるスキルを身に付けるために、様々な模擬作業をしています。

事務関係として、物品請求書作成(ワークサンプル 幕張版) を取り入れています。

品名カードに記されてある商品名を、ぶ厚いカタログから探します。

商品名は品番が細かく分別されていて、目次から見つけ出すのも至難(*_*)

品番や個数を間違えると、小計・消費税・合計全て間違ってしまうので、そうならないようにダブルチェックをしながら進めていきます。

“1,140”のように、数字のコンマ(,)を揃えたり、画数が多い漢字は大きめに書いたり、読み手が見やすい書き方を意識しています。

 

もう一つの事務系作業は 郵便物仕分け です。

200枚以上の郵便物を16の部署に仕分けをしていきます。

営業部と営業企画課と営業二課、財務部と業務部といった似た宛名もあり、注視しないとエラーに繋がってしまうので、作業を始めると利用者さんの姿勢は真剣モードON!

2~3回同じ作業を繰り返して、集中力が途切れて(飽きがきて)回を重ねた時にミスが出ないか・作業自体が雑にならないか等をアセスメント側は見ていきます。

一般就労や外部実習に出た時に、こういった模擬作業での体験がプラスなるので、これからも業種を広げていきたいと思います。


コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする